松本医院

遠州横須賀の地域医療を支える医院建築物

遠州横須賀で代々にわたり大庄屋(おおじょうや)を務めた松本家は、明治時代に入ると、薬屋『信濃屋』を始めました。その松本家の子息・純一郎が医学の道に進み、明治33年(1900年)、当地に松本医院を開業。以来、地域と向き合った医療が続けられてきました。
同医院の建築は開業当時のもので、和風を基調として、診察室は横長の窓を並べた洋風に造られています。また、玄関の屋根には波形の瓦が使われ、『松』の字入りの鬼瓦が据えられています。玄関を開けるとモザイクタイルの土間が迎えてくれ、その奥に畳敷きの待合室が控え、隅には小さな受付窓口があります。
なお、現在も二代目院長が尽力されている医療機関のため、内部を見学することはできません。
すごめぐり223登録スポット

-image-

  • -image-
  • -image-

詳細

地域 掛川市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県掛川市横須賀31
開館時間-(内部見学は不可)
休館日
入館料
交通アクセスJR袋井駅からバス『大東支所・横須賀車庫前』方面行きに乗車約25分、『大須賀支所』下車、徒歩約5分
駐車場
問い合わせ先

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.