米津台場跡

幕末に外国船の出没に備えて築かれた砲台

幕末の異国船防備のため、江戸湾の品川台場をはじめ、各地に大砲を据えるための台場が築かれました。その一つが、安政2年(1855年)に浜松藩主の命によって築造された砲台『米津台場(よねづだいば)』です。
当時台場は、東、西、中の三か所からなり、砲身約5.5メートル、重量約2トン、口径は人の頭が入るほどの大砲3門を備えていましたといわれています。現在は、高さ約6メートル、周囲約72メートルの円丘をなしている中台場が残っており、浜松市指定史跡となっています。
すごめぐり223登録スポット

-image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市南区新橋町
営業時間
定休日
入館料
交通アクセス(車)浜松ICから約30分
駐車場
問い合わせ先浜松市役所 文化財課 053-457-2466

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.