犀ヶ崖古戦場

武田軍にかけた家康の奇襲

犀ヶ崖(さいががけ)は、元亀3年(1572年)、三方原の戦いに敗れて浜松城に逃げ帰っていた徳川勢が、この周辺に野営していたといわれる武田勢を急襲して破ったと伝えられる古戦場で、県指定史跡となっています。
当時の犀ヶ崖は、東西約2キロメートル、幅約50メートル、両岸は絶壁で、その深さは約40メートルに及ぶといわれ、地理を誤った武田勢は、この崖に落ちて多くの人馬を失ったと伝えられています。
地元には、「雪が降っていた当日、徳川勢が犀ヶ崖に白い布の橋を架け、本物の橋と見誤った多くの武田軍兵士が転落していった。」という伝説が残り、付近の『布橋(ぬのはし)』という地名はこの伝承に由来するといわれています。

-image-

  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市中区鹿谷町
営業時間
定休日
入館料
交通アクセスJR浜松駅からバス『舘山寺温泉』行きに乗車約10分、『浜松北高』下車、またはバス『奥山・気賀』行きに乗車約10分、『浜松北高』・『さいが崖』下車後、それぞれ徒歩約1分
駐車場
問い合わせ先犀ヶ崖資料館 053-472-8383

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.