椿姫観音

戦乱に散ったとされる勇ましき女性

椿姫(つばきひめ)は、第5代引馬城主となった『お田鶴の方』のことをいい、永禄11年(1568年)、家康との戦いにおいて侍女18名とともに奮戦するも討ち死にしたといわれています。家康は亡骸を手厚く葬って塚を築き、家康の正室であった築山御前(つきやまごぜん)は塚の周りに100本余りの椿を植え、供養を営んだと伝えられています。そして毎年美しい花を咲かせたことから椿姫塚と呼ぶようになったようです。
御堂は当初、昭和19年(1944年)に建立されたようですが、戦災により焼失し、昭和27年(1952年)に再建されたものとなっています。
観音像がまつられた小さな御堂には花が手向けられており、地域の人々の御堂に対する気持ちが伝わってくるようです。

-image-

  • -image-
  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市中区元浜町
営業時間
定休日
入館料
交通アクセスJR浜松駅から遠州鉄道に乗り換え、乗車約3分、『遠州病院』駅下車徒歩約10分(JR浜松駅から徒歩約20分)
駐車場
問い合わせ先

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.