実相寺庭園

心和ます日本庭園

嘉慶元年(1387年)に開創されたと伝えられる実相寺(じっそうじ)は、平成6年(1994年)に枯山水庭園の石組が発見され、県の指定名勝となっている美しい庭園があることで知られています。
実相寺庭園の作庭年代は明らではありませんが、本堂が延宝6年(1678年)、観音堂が元禄15年(1702年)に建立とされていることから、伽藍整備と同時期の江戸時代前期と推測されています。
築山式枯山水庭園で、後方に三岳山(みたけさん)を借景として取り入れ深みあるつくりとなっています。春には築山背後に植栽されたミヤマツツジが開花し、鮮やかに彩られた姿の庭園を見ることができます。
(由緒・建立年代など、お寺様に確認しました。)

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市北区引佐町金指1371
営業時間9時から16時
定休日
入館料
交通アクセスJR浜松駅からバスに乗車約40分、『金指』下車徒歩約10分
駐車場
問い合わせ先実相寺 053-542-0601

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.