清水のお茶

お茶輸出を機に生産が拡大

清水のお茶は、鎌倉時代に栄西禅師が中国から持ち帰ったお茶の種子を譲り受けた明恵上人(みょうえしょうにん)が全国に広め、その内の一箇所が『駿河の清見(するがのきよみ)』(清水区興津付近)との記録があり、これが始まりとされています。明治39年(1906年)清水港からお茶が直接海外に輸出されるようになると急速に生産が拡大しました。
現在では日本平や興津川流域を中心に広い地域で栽培されており、産地の代表として両河内(りょうごうち)、庵原(いはら)、小島(おじま)、日本平(にほんだいら)などの地域があり、いずれも高品質で上品な味わいを楽しむことが出来ます。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 静岡市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所JAしみず茶業センターほか
所在地JAしみず茶業センター 静岡県静岡市清水区庵原町3313-1
営業時間
休業日
交通アクセス
問い合わせ先JAしみず茶業センター 054-365-1600
関連ページhttp://www.ja-shimizu.org/c_5.html

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.