旧赤松家

明治の薫り漂う美しき近代建築物

赤レンガの門と塀が特徴的な旧赤松家は、近代日本の造船技術と磐田原台地の茶園開拓の先駆者『赤松則良(あかまつ のりよし)』(海軍中将)の邸宅跡です。明治20年代から30年代にかけて屋敷が整えられました。大正14年(1925年)頃に主家が東京へ移されたため、現在は門・塀・土蔵のみが残っています。
木造の門の両脇にはレンガ造りの門番所が建ち、それに続くレンガ塀にも番所が設けられており、門と塀はともに県指定文化財となっています。また、門塀に沿った2棟の土蔵は磐田市指定文化財となっており、外壁の下半分をレンガとする北土蔵は米蔵、漆喰(しっくい)塗りの南土蔵は図書蔵として使われていたようです。
なお、敷地内には旧赤松家記念館があり、館内には旧赤松家ゆかりの文化財や寄贈資料などが展示されています。
すごめぐり223登録スポット

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 磐田市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県磐田市見付3884-10
開館時間9時から16時30分
休館日月曜日(祝日または振替休日にあたるときは開館)、国民の祝日の翌日(土・日・月曜日にあたるときは火曜日休み)、年末年始(12月29日から1月3日)
入館料
交通アクセスJR磐田駅からバス『二俣・山東』方面行きに乗車約10分、『河原町北』下車、徒歩約1分
駐車場
問い合わせ先旧赤松家記念館 0538-36-0340

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.