カテゴリーから探す | 名所・旧跡:その他 | 静岡鉄道駿遠線の跡

静岡鉄道駿遠線の跡

今は無き歴史の足跡

駿遠線とは、藤枝から相良を結ぶ「藤相(とうそう)鉄道」と袋井からの「中遠(ちゅうえん)鉄道」が、静岡電気鉄道と戦時中に統合し「静岡鉄道」となり、戦後に藤相・中遠鉄道を繋ぎ一本の路線としたものです。その結果、藤枝大手から新袋井までの全長が64.6キロメートルとなり、軽急便としてはその当時の日本最長規模だったと伝わります。
その後自家用自動車の普及が進んだことや、大井川橋梁の架け替えの費用の面から全面開通から16年後の昭和39年(1964年)に区間廃止が始まり、昭和45年(1970年)に全面廃止となりました。
現在は、サイクリングロードや遊歩道などに姿を変えましたが、駅や鉄橋、トンネルの跡が残っている所もあり当時の面影を残しています。

-image-

  • -image-
  • -image-

詳細

地域 藤枝市
時期
所在地静岡県藤枝市大手から静岡県袋井市
営業時間
定休日
入館料
交通アクセス
駐車場

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.