カテゴリーから探す | 歴史的建造物:その他 | 揚水機室(天竜二俣駅)

揚水機室(天竜二俣駅)

昭和が香る鉄道遺産『天竜浜名湖鉄道』

浜名湖の北側を通る67.7キロメートルの天竜浜名湖鉄道は、国鉄二俣線として昭和10年(1935年)から昭和15年(1940年)にかけて敷設され、2011年現在、全線にわたって36施設が国の登録有形文化財となっています。
その中のひとつの揚水(ようすい)機室は、開通当時に蒸気機関車であった二俣線にとって、高架貯水槽などとともに不可欠な給水施設です。
建物は木造平屋建、切妻造(きりづまづくり)、桟瓦葺(さんがわらぶき)で、北東隅に出入口があり、引き違いの腰付ガラス戸が設けられています。天井は、化粧小屋裏をはじめ、和小屋組、皮はぎの丸太梁が現在まで残されています。
また室内には、揚水(ようすい)ポンプの一部が残存しており、かつてはさらに東へ倉庫・自転車置き場が延びていましたが、現在では西の揚水機室のみが残されています。(公式ガイドブック参照)
なお施設は天竜二俣駅にありますが、敷地内へは入ることができないため、内部を見学することはできません。

-image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市天竜区二俣町阿蔵230-2
開館時間
休館日
入館料
交通アクセス
駐車場
問い合わせ先天竜浜名湖鉄道株式会社 053-925-6125
ホームページhttp://www.tenhama.co.jp/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.