大茶樹

代々受け継がれる茶樹

藤枝市瀬戸ノ谷地区にある「大茶樹(だいちゃじゅ)」は、元禄13年(1700年)頃に平口家の先祖が種をまいたものと伝わり、静岡県内最古の茶樹とされ樹齢は約300年と言われます。また、樹齢だけではなくその大きさも大茶樹と呼ばれるのにふさわしく、樹高4メートル、周囲28メートルとなっています。
毎年、樹に足場を組み新茶が摘まれ生葉で約15キログラムの収穫があるとのことです。
また、茶樹は通年見ることができますが茶摘み風景を見ることができるのは、4月中旬から5月上旬までとなります。

-image-

  • -image-

詳細

地域 藤枝市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所
所在地静岡県藤枝市瀬戸ノ谷10550
営業時間
休業日
交通アクセス吉田ICより約1時間20分
問い合わせ054-645-2500(藤枝市観光協会)
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.