薩摩土手

「薩摩」の名の付いた土手

薩摩土手(さつまどて)は、徳川家康が慶長10年(1605年)に征夷大将軍辞職し、駿府城に移る際に、整備・拡張工事に伴い安倍川の治水工事の一環として築堤したものとされています。築堤(ちくてい)は全国の諸大名を動員し行われる天下普請(てんかぶしん)の一つで、特に薩摩藩の島津忠恒が運び込んだ大量に石や材木で築かれたことから「薩摩土手」と呼ばれるようになったとされます。

井宮(いのみや)神社前から弥勒までの約4キロメートルにあった土手は、更に西側に土手が造られたため壊され、跡地が「さつま通り」となっています。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 静岡市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県静岡市葵区井宮
交通アクセスJR静岡駅前より美和大谷線「足久保団地」行き、妙見下下車、徒歩約2分
駐車場
問い合わせ054-251-5880(静岡市観光協会)
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.