淡海国玉神社

遠江国の総社として信仰を集めたとされる神社

旧見付学校に隣接する淡海国玉(おうみくにたま)神社は、社記によると、創建は不詳ですが、平安時代に書かれた延喜式神名帳にはその名が記載されている由緒ある古社です。見付宿の中央にあることから「中のお宮」と呼ばれ、遠江(とおとうみ:現在の静岡県西部地域)の総社として崇拝されてきたようです。
社殿は磐田市指定文化財となっており、本殿は明暦2年(1656年)、幣殿(へいでん)と拝殿は文久2年(1862年)以前に再建されたといわれています。幣殿・拝殿の再建は、建築彫刻で有名な信州諏訪の立川流の大工によるものとされており、特に拝殿正面の向拝(こうはい)の龍や獅子、欄間(らんま)の干支(えと)の彫刻にその手法が顕著に表されています。
なお、旧暦の8月10日直前の土、日曜に行われている国の重要無形民俗文化財『見付天神裸祭』は、見付天神の神が淡海国玉神社へ渡御する際に行われる祭りです。

-image-

詳細

地域 磐田市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県磐田市見付2452-2
開館時間
休館日
入館料
交通アクセスJR磐田駅北口2番乗り場からバス『磐田市立病院・大藤・神増原』行き、『磐田市立病院・笠梅原・山梨』行き乗車。『旧見付学校』下車、徒歩約1分
駐車場
問い合わせ先矢奈比賣(やなひめ)神社 0538-32-5298

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.