金鳴石

澄んだ音を放つ石

金鳴石(きんめいせき)は、寛文4年(1664年)に明(みん)の国の僧『独湛(どくだん)禅師』により開創されたと伝えられる宝林寺(ほうりんじ)にあります。
この石は、同禅師により中国から持ち込まれたと伝えられており、小石で叩くと澄んだ音が鳴ることから「金鳴石」と呼ばれるようになったようです。
石が放つキーン、キーンという澄んだ音はとても神秘的で、『お金が成る石』などと呼ばれ親しまれています。

-image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市北区細江町中川65-2
拝観時間10時から16時
休観日2月・8月のみ、月・火曜日休観(祝日は除く)
拝観料大人個人300円(その他詳細はホームページへ)
交通アクセスJR浜松駅からバス『引佐線・奥山線・渋川線』に乗車約45分、『石岡』下車徒歩約10分
駐車場
問い合わせ先宝林寺 053-542-1473
ホームページhttp://www.oubaku.org/shosan/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.