宝林寺佛殿

異国情緒あふれる名刹

宝林寺(ほうりんじ)は、江戸時代初期の寛文4年(1664年)、領主の招きに応じた明(みん)国の僧『独湛(どくだん)禅師』によって開創されたと伝わる黄檗(おうばくしゅう)宗の寺院です。創建当時は七堂伽藍も整い、その建物の多くは中国明朝風の建築様式であったといわれています。現在でも、佛殿(ぶつでん)、方丈(ほうじょう)、山門、報恩堂などにその面影を感じることができます。
佛殿は本堂ともいい、寛文7年(1667年)に建てられたといわれる内部正面には本尊の『釈迦三尊像』、左右に『達磨大師像』『武帝像』、両側の檀上には二十四天の善神(いずれも県指定文化財)がまつられています。
床は瓦が敷き詰められているほか、随所に異国情緒ある意匠が見られ、独特な中国風の様式を伝える貴重な建物として国指定重要文化財となっています。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市北区細江町中川65-2
拝観時間10時から16時
休観日2月・8月のみ、月・火曜日休観(祝日は除く)
拝観料大人個人300円(その他詳細はホームページへ)
交通アクセスJR浜松駅からバス『引佐線・奥山線・渋川線』に乗車約45分、『石岡』下車徒歩約10分
駐車場
問い合わせ先宝林寺 053-542-1473
ホームページhttp://www.oubaku.org/shosan/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.