旧王子製紙製品倉庫

日本初の木材パルプ工場

王子製紙は、渋沢栄一の尽力によって明治6年(1873年)『抄紙(しょうし)会社』として創立され、本社を東京の王子に置き、明治8年(1875年)には王子工場を操業しました。そして明治22年(1889年)、日本で最初の木材パルプ工場が浜松市の気田(けた)に建設されました。
この地を流れる気田川上流には、当時、原料となる原生林があり、また材料や製品の運搬に豊富な水量の川が使えること、さらに水力発電施設の建設が可能だったことから建設場所として選ばれました。最盛期には気田工場に300名以上の従業員がいたようですが、大正期には原木を取り尽くし、大正12年(1923年)に閉鎖となりました。
現在残るのはレンガ造りの旧製品倉庫のみで、工場閉鎖後には学校の講堂、事務所、図書館など様々な用途に使用されてきました。県指定文化財の建物は春野中学校の敷地内に建ち続けており、中学校窓口で受付後、内部を見学することができます。
すごめぐり223登録スポット

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市天竜区春野町気田380-2
開館時間9時から16時頃まで(詳細は問い合わせ下さい)
休館日-(春野中学校の開校にあわせて見学可能)
入館料
交通アクセス(車)浜松ICから約1時間10分
駐車場-(春野中学校の校内駐車場を利用可能ですが、学校活動に支障のないようにして下さい。)
問い合わせ先浜松市春野文化センター 053-989-0200

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.