カテゴリーから探す | 名所・旧跡:その他 | 家康公立ちあがり石

家康公立ちあがり石

家康公ゆかりの石に願をかける

家康公立ちあがり石は、1400年あまりの歴史を持つとされる遠州地方きっての古刹『小國(おくに)神社』の境内にあります。
天正2年(1574年)、家康公が犬居城攻略の際、この石に腰かけて休息したと伝えられており、また家康公が様々な苦難を乗り越えて立ち上がってきたことから「立あがり石」といわれるようになったようです。
石の上には賽銭(さいせん)が見られ、あやかろうと腰かけて帰る人も少なくないようです。

-image-

詳細

地域 森町
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県周智郡森町一宮 3956-1
営業時間
定休日
入館料
交通アクセスJR掛川駅から天竜浜名湖鉄道に乗り換え乗車約35分『遠江一宮』駅下車。無料送迎バスにて約10分(毎月1日、15日、日曜日および花菖蒲園開園期間と紅葉中は運行。詳細はホームページへ)
駐車場
問い合わせ先小國神社 0538-89-7302
ホームページhttp://www.okunijinja.or.jp/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.