天竜二俣駅本屋

昭和が香る鉄道遺産『天竜浜名湖鉄道』

浜名湖の北側を通る67.7キロメートルの天竜浜名湖鉄道は、国鉄二俣線として昭和10年(1935年)から昭和15年(1940年)にかけて敷設され、2011年現在、全線にわたって36施設が国の登録有形文化財となっています。
その中のひとつの天竜二俣駅本屋は、木造平屋建、切妻造(きりづまづくり)、桟瓦(さんがわら)葺きの建物で、外壁は縦板張りとなっています。広い待合室には駅務室の出札窓口が突出し、待合室の天井は船底(ふなぞこ)型に作られ開放感にあふれています。
また、駅本屋の東南方向には運転区と工務区が続いており、その区域には、昭和15年(1940年)に建設された登録文化財の運転区事務室、運転区休憩所、運転区浴場などが立ち並んでいます。そして最も東端奥に機関車転車台と機関車扇形車庫が位置しています。
天竜二俣駅は、二俣全線開通の昭和15年6月に合わせて建設された駅舎で、当時の駅名は『遠江二俣』でした。(公式ガイドブック参照)
すごめぐり223登録スポット

-image-

  • -image-
  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市天竜区二俣町阿蔵114-2
開館時間
休館日
入館料
交通アクセスJR掛川駅から天竜浜名湖鉄道に乗り換え、乗車約50分『天竜二俣』駅下車
駐車場
問い合わせ先天竜浜名湖鉄道株式会社 053-925-6125
ホームページhttp://www.tenhama.co.jp/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.