徳山神楽

15種類の舞が観客を魅了する神楽

江戸時代前期より行われているとされる神事芸能「徳山神楽」が毎年10月頃、川根本町の徳山神社で行われます。
猿田彦を先導に約50人で徳山地区を練り歩く所から始まります。神楽が奉納されるのは、神社に到着した後に夕方より奉納されます。小中学生の女子が巫女姿で舞う「四座の舞」や燃える松明(たいまつ)を持ち舞う「火の舞」など全部で15種類の舞が舞われます。
徳山神楽は、静岡県指定無形文化財となっています。

-image-

詳細

地域 川根本町
時期 10月
開催場所榛原郡川根本町徳山1860
開催時期10月
交通アクセスJR金谷駅より大井川鉄道に乗り換え、徳山駅下車徒歩約10分
駐車場
問い合わせ先0547-59-2746(川根本町まちづくり観光協会)
ホームページ

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.