浴衣

浜松の文化、伝統の技術が光る

浜松市は、江戸時代から泉州(大阪南部)、三河(愛知県東部)とならぶ日本三大綿織物産地の一つとして知られおり、大正時代から始まったとされる染色技術『浜松注染染め(ちゅうせんぞめ)』は、静岡県の郷土工芸品に指定されています。
浜松注染染めは、染料を上から注ぎ下に抜くため、裏表同一模様を同じ濃さで仕上げることができ、仕立てる際に表裏どちらでも使うことができます。また通気性が良く、清水で洗い天火乾燥するためにやわらかく肌に優しい、かつ水ぼかしによりやわらかく優しい風合いを表現することができるなどの特徴があり、そのように生産された浴衣(ゆかた)は全国でも高い評価を得ています。
注染そのものの技法は現代まで忠実に受け継ぎつつも、例年、浴衣はその時々の流行をいち早く取り入れた様々なデザインが打ち出されており、『ものづくりのまち・浜松』が誇る自慢の逸品となっています。

-image-

  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月
購入可能場所全国の呉服専門店や百貨店など
所在地浜松織物卸商協同組合 静岡県浜松市中区野口町247
営業時間
休業日
交通アクセス
問い合わせ先浜松織物卸商協同組合 053-460-1996

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.