治郞柿(次郎柿)

静岡県生まれの柿

甘柿の代表種『治郞柿(次郎柿)』は周智郡森町が原産。森町で収穫された治郞柿(次郎柿)は、毎年、皇室へ献上されています。また、町には原木があり、静岡県天然記念物に指定されています。
治郞柿(次郎柿)の誕生は、江戸時代末期の弘化年間(1844から1847年)に森町の百姓『松本治郎』という人物が、太田川の川原で柿の幼木を拾い庭に植えたのが始まりといわれています。
治郎柿(次郎柿)は、見た目が四角く角ばった形をしており、豊かな甘みがあるのが特徴です。肉質は緻密で硬く、カリカリとした心地良い歯触りを楽しむことができます。なお、味わえる時期は10月下旬から12月上旬となっています。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 森町
時期 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所遠州中央農業協同組合 遠州森町支店 農産物直売所森の市 ほか
所在地静岡県周智郡森町森1731-2
営業時間9時から18時
休業日年中無休(年末年始・盆を除く)
交通アクセスJR掛川駅から天竜浜名湖鉄道に乗車約25分、『遠州森』駅下車、徒歩約5分
問い合わせ先森町観光協会 0538-85-6319

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.