静岡牧之原茶

広大な大地に広がる茶畑の緑

牧之原地域は、明治時代初期に開拓された茶産地で、荒茶生産量は県内トップクラス。市内には約2,610ヘクタール(東京ドーム約560個分)の茶園が広がっており、4月下旬から5月中旬のお茶の最盛期には、茶畑の美しい緑が目を楽しませてくれます。
その広大な大地で太陽の恵みを受け、肉厚に育った茶葉により作られる牧之原茶は、長時間蒸して作られる『深蒸し茶』が主流です。鮮やかな緑色と、苦みや渋みの少ないまろやかな味わいが特徴で、熱めのお茶でも美味しく飲むことができます。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 牧之原市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所茶商組合加盟店舗など
所在地
営業時間
休業日
交通アクセス
問い合わせ牧之原市茶業振興協議会(牧之原市産業経済部 お茶振興課内) 0548-53-2621
関連ページhttp://www.nozomi-kanau.jp/

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.