精進料理(可睡齋)

季節感を感じさせる精進料理

可睡齋(かすいさい)は、室町時代初期の応永8年(1401年)如仲天誾(じょちゅうてんぎん)禅師により開創された曹洞宗の名刹です。
仏教のお寺では、どこの宗派でも精進料理を頂くようですが、特に曹洞宗では食べることも料理を作ることも修行の一環と見なし、それらを扱う心がとても大切にされているようです。
可睡齋では、その精進料理体験ができ、禅寺ならではの料理を楽しむことができます。料理は、典座寮(てんぞりょう)と呼ばれる調理場で、和尚が禅の教えに従い、旬の食材を用いて作られています。彩り鮮やかで、味、香り、見た目に四季の移ろいを感じることができます。(寺の由緒についてはお寺様に確認しました。)

-image-

  • -image-

詳細

地域 袋井市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
飲食可能場所可睡齋 瑞龍閣(ずいりゅうかく)
所在地静岡県袋井市久能2915-1
営業時間11時30分から13時30分頃(要予約)
休業日-(詳細は問い合わせ下さい)
交通アクセスJR袋井駅からバス『可睡、山梨、森町』方面行きに乗車約15分、『可睡』下車、徒歩約10分
駐車場
問い合わせ先可睡齋 0538-42-2121
ホームページhttp://www.kasuisai.or.jp/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.