双体道祖神

彫が最も鮮明で、紀年銘も唯一のもの

伊豆地方では珍しい双体の道祖神で、町指定有形民俗文化財となっています。
立像・浮き彫りの高さ60センチ、幅46センチ、奥行50センチ。
享保2年(1717年)酉十月の紀年銘及び田代村と刻されています。
2人がよりそうように彫られ、素朴で優しい雰囲気を持つ像です。
函南町にはこの他に3基(桑原、丹那、軽井沢)の双体道祖神がありますが、本像の彫が最も鮮明で、紀年銘も唯一のものだそうです。
道祖神は疫病等の侵入を防ぐため、村の入り口に置かれたもので、伊豆地方では単体で丸彫りの『伊豆型』と呼ばれるものが一般的です。

-image-

詳細

地域 函南町
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地田方郡函南町田代358
開館時間-
休館日-
入館料-
交通アクセス沼津ICから約1時間
問い合わせ先函南町役場 函南町教育委員会 生涯学習課 TEL055-979-1733

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.