鮎の塩焼き

日本人に愛され続ける、『川魚料理の王様』

伊豆半島の内陸部は、狩野川の天然鮎に代表される川魚の名産地です。
伊豆半島の清流に育つ鮎は、独特の深い香りが特徴。
鮎は、別名『香魚』とも呼ばれていて、その名の由来は、天然鮎特有の西瓜のような甘い香りにあります。
天然鮎は、その鋭い歯で、清流の珪藻を削って食べます。この珪藻が、独特の甘い香りの秘密だそうです。
そして、天然鮎の魅力を堪能するには、やはり塩焼きです。
皮の香ばしさとほんのりと苦い身が何ともいえない深い味わいを醸し出します。
日本人に愛され続ける川魚料理の王様といえるでしょう。

-image-

  • -image-

詳細

地域 伊豆市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
購入可能場所(狩の川屋)静岡県伊豆市門野原226-2  他、伊豆半島全域
営業時間(狩の川屋)9:00~19:00
休業日(狩の川屋)水曜日
交通アクセス(狩の川屋)伊豆箱根鉄道修善寺駅から東海バス湯ヶ島温泉行きで23分~門の原下車すぐ
問い合わせ先(狩の川屋)TEL055-885-1792

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.