原谷駅本屋

昭和が香る鉄道遺産『天竜浜名湖鉄道』

浜名湖の北側を通る67.7キロメートルの天竜浜名湖鉄道は、国鉄二俣線として昭和10年(1935年)から昭和15年(1940年)にかけて敷設され、2011年現在、全線にわたって36施設が国の登録有形文化財となっています。
その中のひとつ原谷(はらのや)駅本屋は、木造平屋建、切妻造(きりづまづくり)、厚型スレート葺の建物です。北面に当初のベンチが残存し、建設当初の木製改札口が現存し、往時の趣をかもし出しています。天井は小幅板の鏡張り、背面下屋を支える頬杖が連子(れんじ)状となっているのが特徴的です。原谷駅は桜木駅と同様に、二俣線として最も早い昭和10年(1935年)4月17日に開通した3ケ所の駅の一つです。(公式ガイドブック参照)

-image-

詳細

地域 掛川市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県掛川市本郷1416-2
開館時間
交通アクセスJR掛川駅から天竜浜名湖鉄道に乗り換え、乗車約20分
駐車場
問い合わせ先天竜浜名湖鉄道株式会社 053-925-6125
ホームページhttp://www.tenhama.co.jp/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.