長楽寺庭園

借景に和の妙を見る

長楽寺(ちょうらくじ)は、約1200年前の大同年間(806から809年)に弘法(こうぼう)大師により開かれたといわれ、寺の北に太陽の光を受けて光る巨岩を霊地と見てお堂を建てたことに始まると伝わっています。
小堀遠州の作と伝わる庭園『満天星(どうだん)の庭』は、回遊式の庭で、裏山の巨岩を借景(しゃっけい)に約2000平方メートルの斜面にはドウダンツツジ200株余りが植えこまれています。
四季折々にその表情を変える庭園は、築山(つきやま)からは客殿の屋根越し遠くに浜名湖を望むことができ、また客殿前の池は浜名湖の風景を凝縮させたものといわれ、静岡県指定名勝となっています。(写真提供:静岡県観光協会)

-image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市北区気賀7953-1
営業時間9時から16時
定休日
拝観料300円
交通アクセスJR浜松駅からバス『三ヶ日』行きに乗車約60分、『長楽寺入口下車、徒歩約5分
駐車場
問い合わせ先長楽寺 053-522-0478

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.