府八幡宮本殿

国府の鎮守といわれる

府八幡宮(ふはちまんぐう)は、天平年間(729から748年)に遠江国司であった桜井王が、国府の守護として分霊をこの地にお祀りしたのが始まりと伝えられ、境内には江戸時代に建立されたといわれる建物群が点在する歴史ある神社です。
本殿は、最初に建立されたのは奈良時代といわれていますが、その後に幾度か作り変えられているようです。棟札(むなふだ)によると、現在のものは江戸時代初期の元和3年(1617年)、徳川秀忠の娘、東福門院(後水尾天皇の中宮)により寄進再建されたと伝えられ、磐田市指定文化財となっています。
なお、例年10月上旬に行われる府八幡宮祭典では、格式高い神事に加えて中泉地区16町の山車が曳き回しされるなど、大変なにぎわいとなります。

-image-

詳細

地域 磐田市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県磐田市中泉112-1
開館時間
定休日
入館料
交通アクセスJR磐田駅北口から徒歩約13分
駐車場
問い合わせ先府八幡宮 0538-32-4762
ホームページhttp://www.fu-hachimangu.jp/

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.