細江神社

林立する巨木が歴史を感じさせる

細江神社は、明応7年(1498年)に起きた大地震の津波により、旧新居町にあった角避比古(つのさくひこ)神社が流没し、その後、赤池に流れ着いたといわれる御神体『牛頭天王(ごずてんのう)』を祀る神社です。祀られるまでの経緯に由縁し、地震除けの神社として親しまれているようです。
そのほか境内には、この地方の藺草(いぐさ)栽培の基礎を築いた領主を祀る藺草(いぐさ)神
社など複数の境内社や、樹齢500年を数える夫婦楠のほかクスノキの巨木7本(浜松市指定天然記念物)があります。
なお、例年7月には、御神体が流れ着いた故事にならい、浜名湖上を渡御する祇園祭が華やかに行われます。

-image-

  • -image-
  • -image-
  • -image-

詳細

地域 浜松市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県浜松市北区細江町気賀996
開館時間
休館日
入館料
交通アクセスJR浜松駅からバス『尾張町・市役所・聖隷三方原・気賀』方面行きに乗車約60分、『気賀駅前』下車、徒歩約5分
駐車場
問い合わせ先細江神社 053-522-1857

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.