唯念大名号碑

『唯念上人』の筆による『銘号碑』の中で最大

『唯念大名号碑(ゆいねんだいめいごうひ)』は、『足柄峠(あしがらとうげ)』への県道(金時林道)の途中に建っている大きな石碑で、『唯念上人(ゆいねんしょうにん)』の筆による『銘号碑(めいごうひ)』の中で最大のものです。
小山町指定文化財になっています。
『唯念上人』は、文政13年(1816年)4月から明治13年(1880年)8月23日、91才で没するまで40余年間、上野奥の沢で修業し、修行中も折をみては近隣をまわり、仏の道を説き、『念仏講(ねんぶつこう)』(経典を講じる法会)をつくり、また人々の安穏を祈るため『南無阿弥陀仏』の『銘号碑』を辻々(つじつじ)(十字路ごと)に建てたといわれています。

-image-

詳細

地域 小山町
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県駿東郡小山町
開館時間-
休館日-
入館料-
交通アクセス足柄駅から徒歩30分
問い合わせ先小山町生涯学習課社会教育係 TEL055-076-5722

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.