地域から探す | 東部・富士:富士宮市 | 富士宮浅間神社の火山弾

富士宮浅間神社の火山弾

『宝永大噴火』の際に飛んできたといわれる火山弾

境内に富士山噴火の際に飛んできたといわれる火山弾。
富士山噴火の時、地中の岩漿(がんしょう)が火熱のため溶けて空中に吹き上げられ、落下した際に酸化して冷却したものです。きれいな楕円形をしていて、重さは約100キロとのこと。
このように形が整っていて大きなものは珍しいそうです。
富士山は1707年の『宝永大噴火(ほうえいだいふんか)』を最後に約300年間、静かな状態を保っていますが、活火山(かっかざん)です。
『宝永大噴火』では『古富士火山(こふじかざん)』の一部を押し上げ、『宝永火口(ほうえいかこう)』を作りました。そしてこの時の火山灰、火山礫(かざんれき)、火山弾などの総量は9億トンともいわれ、遠く江戸にまで降ったといわれています。

-image-

詳細

地域 富士宮市
時期 1月 / 2月 / 3月 / 4月 / 5月 / 6月 / 7月 / 8月 / 9月 / 10月 / 11月 / 12月
所在地静岡県富士宮市宮町1-1
交通アクセスJR身延線富士宮駅から徒歩10分
駐車場
問い合わせ先富士山本宮浅間大社 TEL054-427-2002

所在地

大きな地図で見る

出発地の住所を入力して、ルートの表示ボタンをクリック!
Googleマップで経路情報を確認する事が出来ます。

目標3776件 さらに登録情報募集!

  • マンがたりしずおか
  • 静岡県のすごい産業遺産
  • すごめぐり223

ページのトップへ

〒420-8601 静岡市葵区追手町9番6号 静岡県文化・観光部文化政策課
電話:054-221-2252 FAX:054-221-2827 Eメール:arts@pref.shizuoka.lg.jp

Copyright © Shizuoka Prefecture. All Rights Reserved.